おいしいって言われたい

毎日のお料理手記

<メインが味噌味の時に汁物に悩む>豚肉とキャベツの味噌炒め、にんじんとちくわの煮物、お吸い物

f:id:kinako-sp:20200407234714j:image

 

またもや小林カツ代さんの「あれもこれも味噌」を作成。

 

これが便利で最強な手作り調味料!超愛用。

 

  • 豚肉とキャベツの味噌炒め
  • にんじんとちくわの煮物
  • お吸い物

 

味噌味のメインのときに悩むのが

 

汁物が味噌汁だと味噌だらけの味付けになってしまう!

 

そういうときは白だしでチャッとお吸い物をセレクト。中華スープでもいいね。

 

水と白だし適量(入れすぎ注意)を鍋に入れて、はんなりした具材をチョイスします。

 

具の色が見えるから、ちょっと青みがあるといい感じ。

 

ま、今回は全然色味は考えていないという日常あるある。

 

白だしは常備してる人も多いと思うけど、こんなに便利なものがあっていいんかー!と唸るほどの便利さよね。

 

個人的に観測した範囲だと、白だしはめんつゆよりもメーカーごとの個性が薄れる調味料な気がする。どう?

 

なので、味の好みよりも「容器のスリムさ」「容器が軽いか」「横にしても液だれの心配が少ないか」で購入します。

 

保存時のお悩み解決ができそうな容器が実装されているものを選びがち。

 

にんじんとちくわの煮物は、例のあれです。

 

だし1カップ+うすくち醤油大さじ1で煮るという「おかずのクッキング」テキストに載っていた料理。

 

お吸い物と同じ味付けじゃない!?と思ったけど、役割と具材が違うので別の料理になりました。

 

メインと汁の味かぶりは気になるけど、細かいところは気にせず無視しちゃったのだけど大丈夫だった。

 

なんだかんだと同じような味付けで毎日過ごしています。