おいしいって言われたい

毎日のお料理手記

トマト缶は便利。鶏肉のトマト煮込み。

f:id:kinako-sp:20200419191332j:image

 

カレーライススタイルで、トマトと鶏肉の煮込みを食べる。

 

  • 鶏肉のトマト煮込み
  • ひじき
  • たまごサラダ

 

メニューで変化をつけるのもありだけど、食べ方で変化をつけるのもあり。

 

 

ヒントは吉野家の牛皿定食です。

 

 

ご飯の上に乗っていたものを別皿に盛ると違うメニューになるし、食べ方も変わるし、食具も変わる。

 

なので、別のお皿に盛りがちな煮込み料理をカレーライススタイルで食べると、目先が変わるかも?という発想で生まれた盛り付けです。

 

いつも思うんだけど、「たまごサラダ」って「サラダ」という単語から連想するヘルシーさとは異なってるからすごく違和感がある。

 

Wikiペディアの「サラダ」の項目にはこう記されています。

サラダ(英語: Salad [ˈsæləd]、フランス語: Salade [salad]、ポルトガル語: Salada [sɐˈladɐ])とは、野菜などの具材に塩、酢、油、香辛料などの調味料をふりかけるか、和えて盛りつけた料理の総称。

生のままの野菜や、ポテト、ブロッコリー、豆類などの煮たものを冷ましてから盛り合わせ、マヨネーズ、ドレッシング、塩等をかけて食べるものが一般的だが、野菜以外の材料を多く含む卵サラダ、ツナサラダ、ハムサラダ、マカロニサラダなどもサラダと称される。素材の選び方によってはビタミンC・食物繊維などを多く含む。

サラダ - Wikipedia

 

定義の範囲が広すぎる。笑

 

具材に調味料をふりかけたり、和えたりしたら全部サラダ・・・?

 

こういう食に関する言葉や思い込みに近いような定義って、おそらく食文化が反映しているような気がするな。目には見えないけど脈々と受け継がれているDNA的なモノを感じる。

 

ここからは私の勝手な仮説。

 

サラダは洋食の分類だから、日本の食文化的に歴史が浅いはず。

 

ドレッシングやマヨネーズというものが日本に登場したあたりで

 

「サラダ」って洋風でかっこいい言葉だし、新しい調味料を使った料理だから「サラダ」って付けちゃお

 

みたいなことが発生したのかな。知らんけど。

 

でも、「ゆでたまごのマヨネーズ和え」っていう名前だとキャッチーじゃないので、ネーミングセンスとしては秀逸だね。

 

まあ、ゆで卵料理界最強のネーミングは「ウフマヨ」なのは間違いないけど。