おいしいって言われたい

毎日のお料理手記

ホーローバットで作るバナナマフィン

バターなし、サラダ油で作るバナナマフィン

f:id:kinako-sp:20200819225951j:image

以前購入したホーローバットで作るおやつ、最近はバナナマフィンがブーム。

 

ドクダミさんとバナナを使った焼き菓子ブームのタイミングが被ったようで嬉しかった。

 

おやつに最適。バナナケーキは泣く子も黙る、お手軽手作りケーキの代表格です。

 

このバナナマフィンのレシピ掲載の本はこちらの記事で紹介しています

www.say-oishii.com

 

「各家庭のオーブンのクセ」ようやく理解

このバナナケーキ、実は5回くらい作っているんです。うちのオーブンは、手前はよく焼ける、奥になるほどあまりよく焼けないことがわかりました。これがよく言われる「各家庭のオーブンのクセ」ってやつ?!これだったのね。ようやく理解できました。

 

実は失敗を繰り返している

5回のうち2回は失敗しているのです。

1回目は材料を混ぜる順番をミス。全部の材料をいっぺんに入れてしまった。グルテン~~~もりもり~~~。混ぜすぎて少々固めに焼き上がった。初回は「白い粉は基本的に最後」ということを学んで終了。

2回目は焼きの段取りでニアミス。オーブンの様子を見たところ、焼き時間があと15分くらい残った状態でいい焼き色だったので「このままだと焦げる!」と判断し、途中からアルミホイルをかぶせて焼き上げたところ、焼き色がついたのは手前のみ・・・。奥側は焼き色がついておらず、おいしそうな焼き色がつかなかった。ここで「オーブンのクセ」を理解。

3回目にようやく納得のでき。

4回目に元のレシピの工程を簡略化して(洗い物が最小限になるように工程を見直し)さらに納得のでき。

5回目に簡略化した工程を取得し、少々材料の分量を覚え始めたことを実感。

 

繰り返すと色々わかることあるね。確実に手際がよくなってます。

 

繰り返し作りたくなるお菓子は材料と作り方がポイント

何度か繰り返し作ると、手際もよくなるし、うまく仕上がる確率が上がります。

  • 繰り返し作っても疲れないくらい手軽であること
  • 家にあるもので気が向いたら作れるくらい材料が手軽なこと
  • 出来上がったものがおいしいこと

この3点が「繰り返し作る」上で重要だなと思った。私としてはバターを使わないで「だいたい家にある材料で作れる」というのが繰り返し作ろうと思える最大の要因です。バナナケーキは基本混ぜるだけなので作り方も簡単で、バナナ味はウケもいいので人気レシピになるわな、と改めて思いました。

 

料理写真は自然光が正義だね

ようやく写真におさめられるクオリティのものが出来上がりました。写真は自然光にてスマホ撮影。

夕ご飯が終わった後に作っておいたら深夜に夫が食べていたので、全量がないという状態でしたが、いい感じに写真が撮れました。

また作ろう~